H25.5.12 第3回ライディングスクール

5月12日(日)第3回ライディングスクールが開催されました。

参加人数34名、県外からの参加もあり北陸のライダーの技術向上の意識の高さがみられたライディングスクールでした。

下記には、基本の3セクションの動画、パイロンスラローム等の動画がございますのでご覧ください。


 「完熟走行」

ウォームアップを兼ねて免許センター試験コース内を走ります。


  「コーナリング」

リヤブレーキを引き摺りながら速度一定30km/h・40km/hでコーナリング。

 

アクセルを開ければ開けるほどタイヤは滑りだしてスライドという形で現れますので、それを制御させる為のリヤブレーキの引き摺りをしてしっかりとタイヤのグリップ力を活かします。


「急制動

スピードは30km/h,40km/hで「リヤブレーキ」「フロントブレーキ」「リヤ・フロント」と三段階の急制動を行い制動距離の違いを再認識し、ブレーキングの訓練を行いました。

ブレーキ入力は前7:後3とよく言われてます、前後の掛けるタイミングも大事ですね。

日頃スラロームや8の字の練習などしてる方もいますがブレーキングの練習はあまりしてないようですね、これから加えてみてはいかがですか。


「8の字走行」

8の字走行は止まる、加速する、曲がる、切り返す、のライディングに必要な全ての要素が揃ってる練習方法です。

  メリハリを付けてが理想かと思いますが、リヤブレーキとアクセルを意識してスムーズにできればいいですね。

動画の中にもありますが、慣れてきたら出口を決めるとより訓練になります。